生活

キシリトール入りの食べ物「犬に与えないで」 専門家が警鐘

【ACT23日】   一般家庭にあるアイテムが、飼い犬にとって中毒になる可能性があるとして、動物病院の看護師が警鐘を鳴らしている。

 

ピーナッツバターは犬にとっては安全なものだと思われているが、低糖のピーナッツバターに含まれているキシリトールが犬にとって有害であると、クリシー・マクファーソンさんは述べている。

 

キシリトールは白樺などから取れる成分を還元して作られた天然甘味料で、無糖のデザートやキャンディー、ジャム、ゼリー、口内洗浄液や咳止めシロップなどに使用されている。

 

The Mobile Vet Nurseを経営しているマクファーソンさんは、犬にとってキシリトールは有害物質で、その影響は服用20分後に現れるという。「新しい低糖ピーナッツバターには甘味としてキシリトールが含まれており、犬にとっては有害なものになる」と自身のフェイスブックに投稿している。

 

動物虐待防止協会であるRSPCAでは、昨冬に4700件動物虐待の報告を受けており、その中には低体重の動物、食糧不足、病気・ケガなどの治療不足が挙げられている。

 

ソース: news.com.au – ‘Deadly’: Vet nurse’s warning to dog owners over feeding pets peanut butter containing Xylitol

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利1.85%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…