一般

シティーレール、新時刻表導入で好スタートを切る

シドニー - 新時刻表による鉄道運行が本日開始され、午前中は、99%の電車が時間通りに運行した、とニューサウスウェールズ州、ジョン・ワトキンス運輸大臣は語った。
ニューキャッスル、ウーロンゴン、シドニー行きの新時刻表の特徴は、朝と午後のピーク時と、比較的忙しい時間帯以外での運行サービスがほとんどないことだ。

同運輸大臣は、午前中で運行の遅れがあった電車は2本だけであったこと、また12本の電車で、著しい混雑が発生し、運行サービスに対し、不満を訴えた乗客が20人いたと述べた。
また、新時刻表導入テストの山場は、今日の午後のピーク時になるだろうと語った。通常、午後は午前よりも混雑するという。

また、同運輸大臣は、午前の運行サービスが、無事に行われたといっても、長期的な改善が見られない限り、乗客の満足は得られないだろうと語った。
「過去数年間、我々の鉄道サービスに不満を感じていた通勤・通学者が多いことは認識している。しばらくの間は、我々のサービスに対し、ある程度の疑いの念や精神的苦痛、怒りなどを依然として感じるだろう。だからこそ、我々は時間通りの運行サービスを提供する必要がある。」と同運輸大臣は報道陣に語った。

 

 

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

TAFE授業料を半額に WA州政府

【パース14日AAP】   WA州政府は、TAFEの34種の優先度の高いコースの授業料の引き下げをし、多くの生徒たちに手頃な金額で勉…