一般

病気のオーストラリア男性ハリケーンカトリ-ナの中家族に置き去りにされる 

ハリケーンカトリーナが米国のニューオーリンズを襲う中、家族に家に置き去りにされた、車椅子生活を送る癌患者のオーストラリア男性が救助された。 外務大臣アレキサンダー・ドウナーによると、洪水によって家に閉じ込められたまま5日間を過ごしたケイス・フォルクナー(75)さんは近所の人々によって救助された。フォルクナーさんは救助後、ルイジアナ州のラフェイエットにある老人ホームで無事に過ごしている。
 
オーストラリアの米国への新大使、デニス・リチャードソンによるとフォルクナーさんの家族は“洪水の水位が急激に上がってきたとき、癌患者のフォルナーさんを置き去りにするしかなかった”と語った。
 
オーストラリア領事館はフォルクナーさんを見舞いにいき援助の手を差し伸べる予定だ。
 

フォルクナーさんの救助によってニューオーリンズで先週のハリケーン後、現在もまだ行方不明になっているオーストラリア人の合計数は8人となる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

豪BMW  1万2,000台リコール

【シドニー7日AAP】  自動車生産販売大手BMWオーストラリアは7日、危険性の高いタカタ製のエアバッグが搭載されているとして…