一般

婦女暴行の被害者13歳の少女、裁判で脅迫される

3人の10代の少年らによって集団暴行を受けた13歳の少女が、セントラル・ウェスタンシドニー裁判所の審問中に加害者の少年2人の家族に罵倒されるなどの脅迫行為を受けた。同3人の少年は、それぞれ年齢は11歳、14歳、15歳で、最長懲役が20年の悪質な婦女暴行の容疑にかけられている。

彼らはニューサウスウェールズ州で婦女暴行容疑を課せられた少年の中では最年少だという。ダリル・ピアース治安判事は、3人を暴力行為で引き続き逮捕し、14歳と15歳の少年を拘置所へ送還した。一方、11歳(現在12歳)の少年については厳しい条件付き保釈となった。被害者は証拠を要求されなかったが、加害者が出廷する裁判に出席した際、加害者の少年やその家族から罵声や脅しを受けたり、手を振られたりした。被害者は裁判で再び脅しを受けることとなった。

同少年たちは7月20日、オレンジの歴史的な家の敷地に被害者を追い詰め、集団暴行行為に及んだとされる。裁判所は少年たちが被害者を茂みに引きずり込み暴行行為を行ったとしている。ピアース治安判事は、3人の少年に対し、10月21日にオレンジ児童裁判所に再度出廷するように命じた。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利1.85%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…