一般

メルボルンカップでドラマ! マカイビディーバが3度連続優勝

メルボルン 1日 - フレミングトンで開催されたメルボルンカップで優勝したのはマカイビディーバ。メルボルンカップで3度目の優勝を獲得した。3度連続優勝はオーストラリアでは先例がなく、伝説的な偉業を遂げたと言える。

馬主のトニー・サンティック氏は勝利のスピーチの中で、このレースをもってマカイビディーバを引退させることを発表した。この勝利は310万ドルの価値があり、マカイビディーバの総合獲得賞金額は1450万ドル以上、オーストラリア記録を更新した。マカイビディーバの名前はマグロ漁師である馬主のサンティック氏のもとで働く5人の女性の名前のイニシャルを使用したもの。

「マカイビディーバは不滅。すばらしいよ。とっても力強いメス馬だ。少し早く先頭に出てしまったけど、マカイビディーバを抜かす馬はいないと確信してたよ。」とジョッキーのグレン・ボス氏は興奮して語った。「生きている間にこのような偉業にめぐり合うことができて幸運だ」とトレイナーのリー・フリードマンは語った。

今日まで不可能と言われていた3度の連続優勝。マカイビディーバが伝説を生んだ。

 

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利3.1%に引き上げ

【ACT6日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は6日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の3.1パーセントに引き上げ…