一般

マイケル・J・フォックス、パーキンソン氏病の研究に80万ドルを寄付

シドニー 21日 - 映画”バックトゥ-ザフューチャー“とテレビシリーズ”ファミリータイ“で知られる米国の俳優Michael J Fox(マイケル・J・フォックス)が、オーストラリアのパーキンソン氏病の研究に80万ドルの寄付をした。同氏自身、この退行性の神経病との闘病生活を続けている。

パーキンソン病は、筋肉の震えと硬直を引き起こし、同病患者の半数以上が、年間に何度も転倒することによって、重度の骨折や他のケガに苦しんでいる。オーストラリアでは、10万人以上が同病にかかっている。

メルボルン大学の研究者によって、同寄付金は、患者の転倒事故防止と移動性の改善に使われる予定。
 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

失業手当受給条件を再導入

【キャンベラ4日AAP】   VIC州を除き、パンデミックで失職した全国の失業者が仕事を探し始める必要がある。政府から提案され…