生活

新型インフル患者が死亡 国内2人目

【メルボルン24日AAP】   VIC州で、新型インフルエンザに感染していた男性患者が死亡した。男性の死因が新型インフルエンザだったかは明らかにされていない。

アンソニー・スプラットさん(35)は19日、風邪の症状で病院に搬送されたが20日、死亡した。死亡後に行われたスワブ(綿棒)検査でスプラットさんは新型インフルエンザに感染していたことが分かった。スプラットさんの両親によると、最初に搬送された病院で3時間、集中治療室が空くのを待ったが、結局他の病院に転送されたという。スプラットさんは複数の病状を抱えていた。

先週、WA州キウィルクラに住む26歳の新型インフルエンザの感染者が死亡しており、感染者の死亡はこれで国内2人目となった。ロクソン連邦保健相は、特に遠隔地に住む先住民の人々は新型インフルエンザに対する抵抗力が弱い可能性があるとし、抗ウイルス薬のタミフルが確実に配布されるよう対策を取っていると述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

LG、電子レンジをリコール

 【シドニー17日AAP】LGエレクトロニクスは、感電する可能性があるとして同社製品の電子レンジ2モデルの自主回収を行…