人気俳優 セクハラ疑惑で舞台降板に

【アデレード9日AAP】   人気ミュージカル作品「ロッキー・ホラー・ショー」で主役を務めるクレイグ・マクラクラン氏(52)が、不適切な性的行動を行ったとの複数の疑惑を受けて、急きょ降板となった。

2014年に同ミュージカルに出演した女性3人が、マクラクラン氏に不適切に触られた、または同氏が自らの陰部を露出したと証言している。さらにスタッフの男女2人もVIC州警察に向かった。同氏はすべての申し立てを否定している。

ファンの意見は、「事実判明前に降板とは考えられない」と「勇気を出して告白した女性らを称賛する」の2つに分かれている。

9日のアデレード公演前、マクラクラン氏の出演しないショーに興味はないとして、多数のファンが同ミュージカルの公式フェイスブックで返金を求めた。チケット会社BASSによると、残りのアデレード公演で返金は行われない。マクラクラン氏の代役はアダム・レニー氏が務める。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

三井物産、豪でウラン生産へ

 【アデレード16日AAP】カナダ企業ウラニウム・ワン社は16日、三井物産が同社の所有する豪国内の探鉱資産の権益の49…