その他

ネット安全教育 4歳の幼児も対象に

【キャンベラ6日AAP】   連邦警察は、安全にインターネットを使う教育を4歳の幼児に行うと決定した。

連邦政府は、3月末からネット教育の対象を幼児に拡大する。4歳ほどの小さな子どもが性的に露骨な画像などを作り出し、被害に遭う事件を受けたもの。

サイバーセキュリティ相のアンガス・テイラー氏は6日、「幼児が性的に露骨な画像を作り出してソーシャルメディアに投稿し、その後児童性犯罪者とオンラインで連絡を取るという、衝撃的な事件が警察機関に報告されている」と述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

その他

一時ビザ発給数が急増

【キャンベラ22日AAP】   オーストラリアへの一時滞在(テンポラリー)ビザ発給数が過去2年で100万件増加した。2015/16年度…

その他

国内の絶滅危惧種を懸念

【シドニー11日AAP】   オーストラリア環境保全基金(ACF)の報告によると、国内で植民地化後に29種の哺乳類が永久絶滅して…