猛暑時の停電に補償金 VIC

【メルボルン11日AAP】   先月28日、猛暑のなかVIC州で大規模な停電が発生した。州政府は、影響を受けた州民に1回限りの補償金を支給すると発表した。

アンドリュース州首相は11日、「これまでに12時間停電した世帯にしか補償はなかった」と話し、今回の停電補償は前代未聞だとした。2月末までにおよそ5万人を対象に、3~20時間の停電には80ドル、20時間以上の停電には最大で180ドルが支給される。停電による金銭的損失の請求とは別に行われる。州政府は、異常気象時の電力需要を満たすよう、国内のエネルギー業界・企業と連携して取り組んでいるという。

野党自由党は、「州政府が提示する補償額は十分でない」と批判した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ゴミ捨て場で行方不明者を捜索

【ブリスベン22日AAP】   1カ月前に行方が分からなくなったダイヤモンド鉱夫の捜索のため、QLD州の廃棄物処理施設…

夫に暴力を振るう妻が増加

【シドニー22日AAP】   NSW州犯罪統計局によると、家庭内暴力関連の暴行容疑で妻が逮捕される件数が急激に増加して…