クルーズ船でけんか 女を起訴

【シドニー12日AAP】   シドニーを出発したクルーズ船でけんかが発生し、ロシア国籍の女が起訴された。トイレを待つ列に関する口論が、けんかに発展したとされる。

P&O社のクルーズ「パシフィック・エクスプローラー」は9日、3泊の航程でシドニーを出発した。11日午前1時頃にけんかが発生し、ロシア国籍の女(37)が男性(21)を空のワインボトルで殴り、頭部に切り傷を負わせた。女とけがをした男性を含む7人は同日午後、シドニー北部のブラッドリーズ・ヘッドで船から降ろされた。女は起訴され、条件付きで保釈が許可された。

P&Oクルーズは「他の乗客の安全や楽しみを脅かす過度の行動は容赦しない」と声明を発表。今回の事件に関与した乗客らは今後、同社および関連企業の利用を禁止するという。船は12日朝、シドニーに到着した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら