一般

シドニー軽鉄道 予定通り19年開業か

【シドニー11日AAP】  NSW州のベレジクリアン首相は、建設を進めている軽鉄道(ライトレール)について、予定通り来年の開業を目指す意向をあらためて示した。同鉄道を巡っては、建設会社との間で契約に関するトラブルとなっており、下請け会社が裁判を起こしている。

 

スペインの下請け会社アクシオナは、建設プロジェクトの内容が複雑で誤解を招くものだったと訴え、建設費用としてさらに12億ドルを拠出するよう求めている。軽鉄道の建設費用はもともと16億ドルと見積もられていたが、その後5億ドルが追加されている。また、完工予定は今年となっていたが、来年まで延期となっている。

 

野党労働党は、軽鉄道が開業するまでにはさらに数年かかるとの見方を示したが、ベレジクリアン首相は「本日をもって、予定も予算も最終決定した」と述べ、「予算内で、予定通りの完成を人々は望んでおり、それが私の意向でもある」と話した。ただ、NSW州のコンスタンス交通相は、明確な完工日は把握していないとしている。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

結婚件数、過去20年で最多

【キャンベラ31日AAP】   31日に発表されたオーストラリア統計局のデータによると、国内の結婚件数が過去20年で最…

一般

山火事で住宅2軒が全焼 NSW

【シドニー16日AAP】  NSW州の地方消防サービス(RFS)によると、山火事で同州南部沿岸のベンボカ(Bemboka)で2軒の住宅、ベ…