生活

パラマタ-イッピング間の新路線計画

【シドニー11日AAP】   連邦政府は10日、シドニー西部パラマタと北西部イッピング間14キロを結ぶ列車の新路線の計画を選挙公約として発表した。21億ドルを投入することになるこの計画は、労働党が打ち立てた公約の中では最高の予算額となるが、労働党にとって、追い風が強いシドニー西部の支持を勝ち取るためには必要な公約である。

この計画について、鉄道・トラム・バス連盟は、人口増加が著しいシドニー西部では、鉄道などのインフラへの投資が必要だとし、同地域の雇用問題の解決にもつながると話した。

現在のところ、シドニー西部郊外から北部郊外に向かうには、シドニー中心に一度出る必要があるが、この計画が実現するとその必要がなくなる。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

子宮がん検診の受診数が増加

 【キャンベラ2日AAP】子宮がん検診を2年ごとに受診している人の数がこの8年間で最高となった。  豪州健康福祉研究所…