生活

老人介護施設 職員数の改善を

【メルボルン12日AAP】   メルボルンで12日、民間老人ホームに勤める看護師や介護職員らが、入居者と職員数の割合を巡って集会を行った。

Euroa Healthで介護職員として働くクリスティン・バーンズさんは、別の職員と2人で入居者30~60人の介護を行ったという。「転倒の危険がある人と、すぐにトイレに行かなければならない人がいて、優先順位の判断も難しい」と、疲れ切っている様子を見せた。

VIC州の公立老人介護施設では現状、午前は職員1人につき入居者7人と定められているが、非営利機関や民間機関では規制がない。職員が病気になれば代わりはいない。職員1人で16人の入浴、着替え、食事介助を45分間で終了させることもある。施設で働く看護師や介護職員は最善を尽くしているが、入居者が必要とするケアの提供は不可能に近いという。

看護・助産師連盟(ANMF)は、「職員と入居者の割合を法制化し、民間ホームは利益よりも介護に焦点を置く必要がある」と訴える。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

日曜から夏時間が始まる

【シドニー29日AAP】   NSW、VIC及びACT(首都特別地域)では、今週末の日曜(10月2日)午前2時(豪東…