一般

先住民らに歴史的謝罪 WA警察本部長

【パース12日AAP】  WA州のクリス・ドーソン警察本部長は12日、先住民の子どもたちを強制的に家族から隔離するなどしたことは残酷な行いだっとして、州内に住む先住民たちに正式に謝罪した。先住民やトレス諸島出身者と警察の関係を壊し、法律への不信も招いたとしている。

 

ドーソン警察本部長は「この日を境にWA州警察の本部長として、歴史の中で作られた傷を少しずつ癒すために前進していくつもりだ」とした上で、「今よりも良い未来が待っていると楽観しているが、今日は深く反省したい」と述べた。

 

また、警察官たちの間に先住民への「無意識の先入観」があったとして、警察官たちに対し今後はこれに留意し職務に当たるよう促した。WA州警察本部には今後、先住民アボリジニの旗とトレス諸島の旗が恒常的に掲揚される。

 

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

道を知らないタクシー運転手

【メルボルン28日AAP】   連邦消費者監視機関のアラン・フェルズ元会長は、メルボルンの道をあまり知らないタクシー…