一般

豪華結婚式の元副市長が出所 シドニー

【シドニー21日AAP】   シドニー西部オーバーンの元副市長、サリム・メハジャー氏(32)が21日、選挙違反による11か月の刑期を終えて出所した。

メハジャー氏は自らの豪華結婚式や度重なる警察沙汰で有名になった。テレビで「連邦首相になる」と宣言したこともある。同氏は2018年4月、自身のオーバーン評議会入りとなった2012年の選挙違反関与で有罪が認められ、同6月に11か月の懲役に入った。

メハジャー氏にとって、21日の出所は終わりを意味しない。2017年にタクシー運転手に対する攻撃の罪で出廷直前に、自動車交通事故を装った容疑に問われている。さらに17日、2012~2013年の自動車運転問題で新たに起訴された。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

国内アパート欠陥 62憶ドル

【シドニー19日AAP】   建設・林野・海運・鉱山・エネルギー労組(CFMMEU)は、国内のアパートの欠陥修理費用を62憶ドルと見…