一般

制限速度を10キロ引き下げ WA道路安全局が提言

【パース8日AAP】   WA州の道路安全管理局は、交通事故死を防ぐために同州全土で制限速度を10キロ引き下げするように提言していることを明らかにした。

 

同管理局では、制限速度の引き下げによって、命が救われるだけでなく、経済効果にも繋がると述べている。イアン・キャメロン会長は「高速道路と幹線道路を同じ制限速度にすることで、車の燃費も良くなり車の損傷も少なくなる」と説明している。

 

キャメロン会長は、高速道路や幹線道路での10パーセントの減速で、地域社会に33パーセントの利益があるとしている。

 

マクゴーワン政権は、この提言から距離を取っており、地域住民が望む場合に限り、制限速度の引き下げを行うと述べている。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

期日前投票に制限を

【キャンベラ19日AAP】   今年の連邦選挙で、史上最多の有権者476万人が期日前投票を行った。公約内容等を十分認識してから…