生活

国内求人数1.1%減 「明らかな減速」

【シドニー4日AAP】  オーストラリア国内の今年5月までの3か月間における求人数は、前期比1.1%減と“明らかな減速”となっていることが、オーストラリア政府統計局(ABS)による最新の調査で明らかになった。今年5月の求人広告数は24万1,500件だった。

 

公共と民間のセクター別では、公共セクターの求人数が前期比3.8%増だった一方、民間セクターでは1.6%減となっている。求人数全体の伸び率は前期比1.2%減、前年同期比6.7%減となっており、民間セクターでの求人数の減少が伸び率の伸び悩みにつながったとみられている。

 

ABSのチーフエコノミストのホックマン氏は、求人数の伸び率について「今年3月から5月までの四半期は0.3%と、一年前の4.1%を大きく下回っている」と述べ、今年に入り特に落ち込みが目立っていると指摘している。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

NAPLANへの不満 教育相が苦言

【キャンベラ9日AAP】  連邦政府のテーハン教育相は、全国共通学力テストNAPLANについて、各州の責任者たちはテストに対する…