一般

違法薬物注射室を拡大 メルボルン

【メルボルン7日AAP】   VIC州政府は、違法薬物依存者が自分で薬物を注射できる、“インジェクション・ルーム”の拡大を発表した。

ノース・リッチモンドで7日、新たなインジェクション・ルームが開設された。開館時間も延長し、路上での薬物過剰摂取を妨げる。昨年6月の開設以来、6万人以上が同センターを訪れ、3,000人近くが監視のもとで安全に自己注射した。ほとんどがヘロインだ。同プログラムのニコ・クラーク医長によると、1,200件近い過剰投与が安全に管理されたという。

インジェクション・ルーム開設の際には近隣住民からの激しい抗議を受けた。周辺住民を考慮して、州政府は保安巡察や支援サービスを増加させる。

ノース・リッチモンド周辺のヘロイン関連死はトライアルの最初の6か月で減少しなかったと報告されているが、オードリー・ジェイミーソン検視官は「トライアルは不可欠であり、6か月は判断には不十分」との見方を示した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

WA沖でM6.6地震発生

【パース14日AAP】   WA州北西部の海岸沖でマグニチュード6.6の地震が発生した。1988年にNT準州で観測された地震と並び、国…