一般

海外留学生を搾取 シドニー家主

【シドニー9日AAP】   NSW州大学の報告によると、シドニーで学ぶ留学生らは悪質な家主から経済的搾取を受けている。法外に高いボンド(保証金)、賃貸料の急な値上げや法的文書の保持を拒むなどが報告された。

学生用物件の欠如と競争の激しい市場が重なり、家主が法的権利の知識のない留学生を搾取する状況が明るみになった。法外に高額のボンドや賃貸料を事前請求したり、賃貸料の急騰、法外な公共料金を課すなどがあげられた。

同大学のマリア・ナワズ講師は、「多くの留学生が住居をネットで見つけ、家賃を事前に支払っている。シドニー到着後に住居の状態が悪くても、賃借人として保護されていない」と声明を発表した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

WA沖でM6.6地震発生

【パース14日AAP】   WA州北西部の海岸沖でマグニチュード6.6の地震が発生した。1988年にNT準州で観測された地震と並び、国…