一般

WA沖でM6.6地震発生

【パース14日AAP】   WA州北西部の海岸沖でマグニチュード6.6の地震が発生した。1988年にNT準州で観測された地震と並び、国内では過去最大規模だ。

地震は14日午後3時39分(豪東部標準時)、ポート・ヘッドランドとブルームの間のキンバリー海岸沖で発生した。政府系機関のジオサイエンス・オーストラリアは当初、マグニチュード5.5と発表したが、後に訂正した。気象局によると、マグニチュード3.8~5.2の余震が少なくとも4回観測されている。国内で地震による津波の危険はない。

揺れは、北はダーウィンから南はパースまで感じられたという。キンバリー地方のダービーでは、スーパーマーケットに陳列された商品が崩れ落ちたもよう。ブルームのデブ・ハナガンさんは「たった今地震が起きた!家全体が長いこと揺れていた。今まで体験したことがない」とツイートした。

警察によると、建物の損傷は報告されていない。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

国内各空港 職員が抗議活動

【メルボルン20日AAP】   国内空港の職員らは21日、賃金の引き上げと労働時間の保障を求めて抗議活動を行う。航空便への影響…