一般

竜巻直撃 家畜や建物被害 VIC

【メルボルン7日AAP】   6日午後にVIC州北東部の地域を竜巻が直撃し、家畜や建物が被害を受けていたことがわかった。

 

気象庁によると、ピーチェルバを含むヤラウォンガ近郊で小さな竜巻が発生したとし、「竜巻の予測は難しく、残念ながら今回は建物の損害や畜牛が死亡した報告を受けた。竜巻は局部的なもので、すぐに発生したと思ったら消滅する」としている。

 

しかし、VIC州救急サービス(SES)は今回の天候状況を「強風」と取り扱っており、畜牛の被害数は確認していないとしている。今回の竜巻でこの地域の車両や小屋などが被害にあったとしているが、SESへの連絡件数は15件のみだったという。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

嵐で1万6千棟停電 QLD

【ブリスベン22日AAP】   QLD州南東部で21日午後9時過ぎ、嵐によって住宅1万6,000棟近くが停電になった。先週から豪雨の続く…