政治

熟練労働者の遠隔地域移住を奨励 QLD

【キャンベラ21日AAP】   連邦政府の新計画のもと、QLD州の熟練労働力不足に悩む遠隔地域に、熟練労働移民者を定住させることをデービッド・コールマン連邦移民相は明らかにした。

 

今年4月に承認された、極北クイーンズランド州の指定地域移民協議(DIMA)は、ケアンズ商工会議所によって運営されている。

 

コールマン移民相は、国内労働力では足りない遠隔地域の熟練労働力不足を、DIMAによって解決できるとし、「モリソン政権は、国内労働力では埋めることのできない約6万人分の労働力不足の支援に尽力している。連邦政府は国内の地方機関と連携し、移民制度の助けを借りて国内経済を発展させていく」と述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

家庭ごみを分別の可能性 VIC

【メルボルン21日AAP】   ごみの問題に悩むVIC州で、州民は家庭でごみを6種類に分けることになる可能性がある。同州で廃棄さ…