一般

ウルル駆け込み登山 負傷者も急増

【ウルル17日AAP】  NT準州の先住民族アボリジニの聖地ウルルで、今月26日に登山が禁止となるのを前に、駆け込み登山をする人が急増している。ウルル・カタジュタ国立公園のレンジャーは、登山者の増加に伴い増加する負傷者の対応に追われているという。

 

ウルルでは1964年に登山用のチェーンが設置されたが、同地域が1985年10月26日に周辺に住む先住民族アボリジニ・アナング族に帰属するとして、将来的な登山禁止が決定して以降は、新しい登山用の装置などは設置されていない。これまで登山中に転落死した人は少なくとも37人に上る。

 

同国立公園のエリオット氏は、登山道が非常に危険な状態だという指摘について、グランドキャニオンや富士山のほうが、負傷者や死者の数が多いと指摘。ただ、負傷者などの対応に追われ、通常の業務が行えないという意味では「今年は群を抜いている」と話した。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSWの山火事 「まだ続く」

【シドニー17日AAP】   NSW州地方消防サービス(RFS)は、今月8日から発生している山火事によって新たに44棟の住宅が全壊し…