一般

32歳の男 消化活動のRFS隊員を威嚇

【シドニー16日AAP】   NSW州警察は、タリー北西部にあるエランズで15日に、地方消防サービス(RFS)のボランティア隊員2人が、チェーンソーを持った男に威嚇されたと伝えた。

 

警察の調べによると、 32歳の男が、エランズで64歳の男性をチェーンソーで脅し、住居裏に火をつけた。駆けつけた2人の消防隊員が消火活動を行おうとしたところ、この男に威嚇されたという。

 

男は警察に逮捕され、脅迫、薬物所持、放火による家屋損害などの罪で起訴された。

 

14日には同地区で44歳の男がRFS隊員を威嚇した事件が発生しており、今回で2回目となるという。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

その他

今年の言葉 Voiceに

【キャンベラ9日AAP】   オーストラリア国立辞書センター(ANDC)は、今年のオーストラリアの言葉に “Voice”を選んだ。 …