文化・芸能

大人数のヌード撮影 QLDビーチで

【シドニー24日AAP】   大人数の裸の人をアートとしてとらえる写真で有名な、米国人写真家のスペンサー・チュニック氏が、今回はQLD州のビーチで撮影を行った。

同州ウィットサンデー諸島のビーチで、100人が裸で立ったり歩いたりしてチュニック氏の被写体となった。

チュニック氏はこれまでに、世界各地で75を超える大人数のヌード撮影を行ってきた。シドニーのオペラハウスで行われた撮影には、5,000人以上が参加した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

大雨強風のNSW 避難警告も

【シドニー9日AAP】   NSW州東部で続く大雨と強風によって、一部住民は避難を余儀なくされた。気象局は、洪水が“命にかかわ…