生活

大晦日花火 ペットのストレス軽減を

【メルボルン27日AAP】   国内各地で大晦日の花火大会を控え、王立動物虐待防止協会(RSPCA)は、飼い主にペットの不安を減らすためのアドバイスを行う。

ペットは恐怖を感じると、興奮や逃走、萎縮、よだれ、震えなどの症状を表す。恐怖を感じているペットを叱責せず、穏やかな環境をつくることが大切だ。最悪の事態を考えて、ゲートの鍵を閉めたり室内に入れるのもよい。

VIC州RSPCAのリズ・ウォーカー責任者は、「窓を閉めたりテレビやラジオを付けて外の騒音を減らし、静かな環境をつくること。花火が終わるまでおやつやおもちゃで気をそらすのもよい」「外出に連れていきたい場合は、日中早くから出かけて疲れさせておくとよい」とアドバスする。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

クジラ270頭が座礁 TAS州

【TAS21日】   TAS州西海岸沖で、ゴンドウクジラおよそ270頭が座礁している。海洋保護専門家らは大規模な救出作業を開始する…

一般

全国でインフルエンザ激減

【QLD29日】   新型コロナウイルスによる社会的距離の確保や手洗いの慣習のおかげで、今年は全国でインフルエンザの症例が激…