生活

大晦日花火 ペットのストレス軽減を

【メルボルン27日AAP】   国内各地で大晦日の花火大会を控え、王立動物虐待防止協会(RSPCA)は、飼い主にペットの不安を減らすためのアドバイスを行う。

ペットは恐怖を感じると、興奮や逃走、萎縮、よだれ、震えなどの症状を表す。恐怖を感じているペットを叱責せず、穏やかな環境をつくることが大切だ。最悪の事態を考えて、ゲートの鍵を閉めたり室内に入れるのもよい。

VIC州RSPCAのリズ・ウォーカー責任者は、「窓を閉めたりテレビやラジオを付けて外の騒音を減らし、静かな環境をつくること。花火が終わるまでおやつやおもちゃで気をそらすのもよい」「外出に連れていきたい場合は、日中早くから出かけて疲れさせておくとよい」とアドバスする。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

大雨強風のNSW 避難警告も

【シドニー9日AAP】   NSW州東部で続く大雨と強風によって、一部住民は避難を余儀なくされた。気象局は、洪水が“命にかかわ…

一般

パピーファームを違法に WA

【パース10日AAP】   WA州政府は、劣悪な環境で子犬を繁殖させるパピーファームを違法とする法案を議会に提出した。同時に、…