一般

フェスに麻薬恩赦箱設置へ 「お咎めなし」NSW

【シドニー11日AAP】   グラディス・べレジクリアンNSW州首相は、11日にシドニーで開催された大規模な音楽フェスに違法薬物恩赦箱を設置したとし、利用者に対して罰則はかからないことを説明した。

 

州政府は先月12月に、違法薬物を廃棄する箱を設置し、フェス参加者らに利用するよう公表していた。

 

べレジクリアン州首相は、パラマタ・パークで開催されたFOMOフェスティバルの参加者らに「死亡の可能性がある薬物を摂取するのではなく、安全に廃棄してほしい」と 箱の利用を訴えた。

 

同州では音楽フェスでのエクスタシー(MDMA)関連の死亡事故で6人が犠牲になったことから、箱の設置はハリエット・グラハム州検視官代理によって提案されており、州政府が応えた形になる。また、ピル・テスティングの導入も提案されているが、これは州首相が強く反対している。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

鉱山作業員の男性死亡か TAS

【ホバート24日AAP】  TAS州の西部沿岸のヘンティー金鉱山で発生した事故で、地下700メートルに閉じ込められていた作業員の男…

一般

山火事の犠牲者21人に NSW

【シドニー19日AAP】   NSW州で昨年大晦日に山火事で負傷した男性が3週間後に死亡し、同州の山火事による犠牲者は21人に上っ…