生活

シドニービーチ イースター中も閉鎖

【シドニー6日AAP】   イースター長期週末期間中、NSW州の複数ビーチは閉鎖されたままになる。ビーチは、感染源が不明な新型コロナウイルスの温床の場となっている。

シドニー北部ノーザン・ビーチ・カウンシルは、マンリーとディーワイのビーチを7日から閉鎖すると発表した。14日に見直しを行う予定だ。マイケル・リーガン市長は6日、「仕事、運動など不要でない限り家にいること」「外をうろつく人が多い限り、今後もビーチを閉鎖せざるを得ない」と呼び掛けた。ビーチの駐車場も7日から、1時間に限られる。

東部ボンダイでは先週、バックパッカー内での感染拡大を防ぐためにポップアップ型の診療所が開設された。ボンダイには6日、セント・ビンセンツ病院によるドライブスルー式の新型コロナウイルス検査所も設置された。ウェイバリー・カウンシルはボンダイを含むビーチを無期限で閉鎖すると発表している。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

3週間ぶりに感染者ゼロ NSW

【シドニー30日AAP】  NSW州保健当局によると、同州で30日午前8時までの24時間で、新型コロナウイルス感染の検査を受けた9,50…