一般

クジラ救出の男性 違反への罰金なし

【ブリスベン21日AAP】  QLD州ゴールドコーストで26日朝、子どものクジラを救出するために侵入が禁止されているサメ用ネットに近づいた男性について、違反に対する2万6,900ドルの罰金支払いは求められないことが分かった。初回の違反だったことが考慮されたが、警告書2通が与えられた。

 

男性は、サメ用ネットに絡まり身動きが取れなくなっていたクジラを自ら海に飛び込み救出し、地元では危険を顧みない行動に英雄と称えられた。一方、QLD州漁業協会はこれについて「早まった行動でまったく不必要」と批判するなど、賛否が分かれていた。

 

海洋動物救助チーム(MART)は現場近くにいたとされているが対応まで2時間を要したとみられ、クジラは男性が救出した。MARTの広報担当者は男性の行動について、非常に危険で自分やクジラを傷つける可能性もあったと指摘。「悲劇的な結果を招いたかもしれない」と話した。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

ビジネス

久々にパブ再開 NSW

【シドニー1日AAP】   1日、NSW州で新型コロナウイルスの規制が緩和され、パブやクラブが再開した。 シドニー中心レッド…