政治

モリソン首相 就任後最高の支持率に

【シドニー29日AAP】   ニュースポール社が行った最新の世論調査の結果、モリソン連邦首相の支持率は過去最高の68%に上った。2党比較でも、与党保守連合が労働党をわずかに上回った。

モリソン首相の支持率は2ポイント上昇の68%に、不支持率も2ポイント減の27%に下がった。同氏の支持率は2018年8月の連邦首相就任後、最高に上っており、ケビン・ラッド元労働党首相以降、歴代各首相の最高支持率を上回った。

与党保守連合の第一党支持率は42%で変化がない。2党比較では51対49で労働党をわずかにリードしている。最大野党である労働党のアルバニーズ党首の支持率は26%にとどまっている。

NSW州南東部エデン・モナロ選挙区で7月4日、補欠選挙が行われる。同選挙区の与党支持率は、過去2週間で6%から11.5%と倍近くに上昇したと伝えられる。

グリーンズ(緑の党)と極右派として知られるワンネーション党の支持率は1~3%下がった。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

パブの規制を厳格化 NSW

【シドニー14日AAP】   NSW州政府は、新たに州内のパブやホテルで新型コロナウイルスの規制を厳格化する。 シドニー南西…