ビジネス

ジョブキーパー 8千社資格なく申請か

【キャンベラ3日AAP】  豪国税局(ATO)は、連邦政府による給与補助政策「ジョブキーパー」について、受給資格がないにもかかわらず申請を行ったとみられる8,000企業に対し書簡を送付し、受給資格を証明するよう促したことを明らかにした。

 

ATOの広報担当者は「資格を満たしていると考える事業者は、ATOに連絡して欲しい」と述べ、単なるミスを回避し単純なミスがあった場合にも、合理的かつ柔軟に対応するため、企業と協力していく考えを示した。

 

モリソン政権は、9月に終了予定の「ジョブキーパー」や、失業給付金「ジョブシーカー」の支給額を増額するのかなどについて、まだ明確な計画を明らかにしていない。複数の業界からは、支援を継続するよう求める声が上がっているが、変更などについては7月23日に発表される見通しだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

失業手当受給条件を再導入

【キャンベラ4日AAP】   VIC州を除き、パンデミックで失職した全国の失業者が仕事を探し始める必要がある。政府から提案され…