一般

巨大サメ NSW州で多数目撃

【NSW11日】  NSW州南部沿岸で、サメの目撃情報が多数寄せられているとして、イラワラ市は11日、Bulli、Thirroul、Sandon Point、Woononaのビーチを閉鎖し、ライフセーバーたちに市民が浜辺で運動を行わないよう指示をするよう要請したことが分かった。

 

BulliのWainiora Pointでは、死んだクジラの死骸が見つかっており、これを目当てにサメが多く集まってきているとみられる。NSW州イラワラ市のサーフ・ライフ・セービングは、該当するビーチでサーフィンやダイビングを行わないよう、SNS上でも訴えた。

 

ライフセイバーたちはさらに、岩場にクジラの死骸が打ち付けられている近くで、水中から大きなサメのとものとみられる背びれが目撃できるビデオをシェアしている。イラワラ市のライフガードは国立公園・野生動物サービスと共に、クジラの死骸を除去に乗り出している。

 

ソース:news.com.au- Mega shark spotted as whale carcass causes feeding frenzy at NSW beach

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

国民党党首が1か月の休養 NSW

【NSW18日AAP】  NSW州のベレジクリアン首相は18日午後、連立与党のジョン・バリラロ国民党党首について、精神衛生上の問題を…

国際

IS 新型コロナを兵器に?

【ACT14日】   連邦政府は、イスラム国(IS)の東アジア支部を“テロ組織“として再記載した。ISは先立って、新型コロナウイル…