政治

NSW首相 汚職疑惑の元議員と過去に交際

【NSW12日】   NSW州のベレジクリアン首相は12日、独立汚職取締機関(ICAC)が調査中のダリル・マグワイア元議員と数年にわたって交際していたと認めた。州野党はベレジクリアン氏の辞任を求めている。

マグワイア氏は、ベレジクリアン州首相と交際中に、州中南部ワガワガの事務所を財務利益目的で使った疑いで調査を受けている。マグワイア氏の取引に対して認識があったかと聞かれ、ベレジクリアン州首相は「彼の関心事であり、興味はなかった。他議員同様、彼に開示する責任があった」と説明した。

同首相はまた、「私の立場にある人間が私生活を持つことは非常に難しい」「マグワイア氏を15年知っており、正しい行いをしていると信頼していた」「私生活の過ちに対する責任は持つ」と話した。

12日午後、州野党のマッケイ労働党党首はベレジクリアン州首相の辞任を求めた。自由党内でも同氏に対する疑問の声が上がっているようだが、州首相は「NSW州民を一番に考えてきた」と話し、辞任しない意向を示した。ペロテット州首相とハザード州保健相も、引き続き州首相支援する意向を示しているという。

ソース : news.com.au – Gladys crushed: ‘It’s been devastating’

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

3歳女児不明、誘拐事件か QLD

【QLD19日】   ブリスベン南部で3歳の女児が不明になっている。警察は、重大な危険を伴う誘拐事件とみて、女児と一緒にいた3…