国際

豪首相、G20でパンデミック対応をアピール

【ACT22日】   20カ国・地域(G20)首脳会議がテレビ会議で開幕した。議長国はサウジアラビアで、1日目は新型コロナウイルスのパンデミックが議論の中心になった。

会議1日目は、危機に対する国際的により協力した取り組み、次回パンデミックへの準備の強化、安全で適切な価格かつ誰もが利用できる予防接種や治療の開発について、討議された。

先週日本から帰国したモリソン連邦首相は、隔離中の事務所から会議に出席した。モリソン首相は「オーストラリア国内の雇用75%が回復し、未来の構築に向かっている」「保健セクターへの圧迫抑制や、過去にない財政支援をもって経済打撃を和らげることに“比較的成功した“」と述べた。

ソース : news.com.au – G20 leaders discuss coronavirus pandemic at virtual summit

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

帰国者の受け入れを増加 NT

【NT11日】   帰国者の検疫用に使われているダーウィンのハワード・スプリングス施設は、来月から受け入れ数を増やして帰国…