生活

ジョブシーカー 2週間で50ドル引き上げか

【ACT23日】   失業手当のジョブシーカーは、長年にわたって少なすぎると指摘されてきた。連邦政府は2週間でわずか50ドルの引き上げを考えているようだ。

現在、ジョブシーカーの支給額は単身者が2週間で565ドル。パンデミック支援で150ドル上乗せされているが、それも来月で終了する。

福祉団体らは基本額を少なくとも週175ドル引き上げるよう訴えてきた。社会サービス協議会(ACOSS)のカサンドラ・ゴールディー博士は、「障がい者や一人親を含み、誰もが生活の基盤を賄えるべき」「オーストラリアの失業手当は経済協力開発機構(OECD)加盟国でも最低」「失業する誰もが生活を再建できるよう支援する義務がある」と話した。

モリソン首相は「1月にフルタイム職5万9,000以上が創出された。政府は国民を労働市場に戻している」と議会で主張している。

ソース : news.com.au ‐ JobSeeker increase to be just $50 a fortnight

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

ロックダウンを延長 VIC

【VIC19日】   VIC州政府は、19日夜に終了予定だった5日間の緊急ロックダウンを延長すると発表した。規制緩和の時期について…