生活

市外通勤者に3日ごとのコロナ検査を義務付け シドニー南西

【NSW13日】   新型コロナウイルスの感染が広がるシドニー南西部で、新たな公衆衛生規制が発表された。フェアフィールド市民が市外に通勤する場合、3日ごとに新型コロナウイルスの検査を受けなければならない。

NSW州で13日、新たに89件の市中感染が確認された。

フェアフィールド市民が市外通勤する際は、新型コロナウイルスの症状がなくても3日ごとに検査を受けなければならない。この場合に限り、検査を待つ間隔離する必要はない。同市で過去4週間に200件以上の市中感染が報告されており、症状がない感染者が感染を広げるのを防ぐ目的だ。

州政府は“エッセンシャル・ワーク“の定義をしていないものの、できる限り自宅勤務を勧めている。シドニー大都市圏のロックダウンは16日までの予定だが、延長の可能性は否定できない。

ソース: news.com.au – Fairfield workers made to get Covid test every three days if leaving LGA

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

VIC州で余震6回 今後も注意を

【VIC22日】  VIC州当局は、22日朝にマグニチュード5.9の地震が発生したことを受け、余震の恐れがあるとして外出の際に「高い…

一般

VICでM5.9の地震発生

【VIC22日】   VIC州で22日、マグニチュード5.9の地震が発生した。シドニーやキャンベラ、TAS州でも感じられ、今後数週間か…