スポーツ

QLD州首相、2032年五輪開催に向け日本訪問

【QLD19日】   QLD州のパラシェイ首相は、2032年夏季オリンピックのブリスベン開催確保に向けて日本に到着した。

19日早朝、パラシェイ州首相はブリスベン市のスクリナー市長と連邦政府の代表者とともに東京に到着し、富士山の写真をソーシャルメディアに投稿した。同氏は先立って、日本から帰国の際にホテルで隔離する意向を示した。オーストラリアへの帰国が実現しない国民が世界各地に多数いるなかで、同氏の日本訪問に反対する署名は13万件以上集められた。

これに対してパラシェイ州首相は、「国内のオリンピック委員会からも、私の東京訪問は非常に重要と言われている。会議のみでイベントに参加することはない」と話した。

連邦のアンドリュース内務相も、「オリンピックはQLD州南東部とオーストラリア全体にとって莫大な経済的恩恵をもたらす」と話した。

ソース : news.com.au – Qld premier Annastacia Palaszczuk starts controversial Tokyo trip

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

国際

留学生数百人が来週到着 NSW

【NSW30日】   オミクロン株に対する懸念から、連邦政府は海外留学生などの入国開始を12月1日から15日に延期したが、NSW州政…