一般

パンデミック罰金 シドニー西部は東部の倍以上

【NSW1日】   パンデミック関連の罰金は、シドニー西部で最も科されたことがわかった。西部や南西部で取り締まりが強化される前の時点ですでに、市中心や東部に比べて罰金数は倍以上だった。

シドニー市と東部3カウンシルがロックダウンに入った6月25日から、警察が南西部で取り締まり強化を始めた前日の7月8日の間、罰金数はロックダウン地域で251件、西部で572件だった。最多はシドニー市の119件、次にパラマタの79件、フェアフィールド75件、リバプール73件、ブラックタウン71件が続いた。ボンダイはわずか7件だった。

カンバーランドのスティーブ・クリストウ市長は、「西部が標的にされているのは明らか」「東部の住民は裕福で政治的な影響を及ぼす地位にある。西部住民は社会経済的に立場が弱く、移民世帯も多い」と話した。

NSW州警察は、シドニー西部を標的にしていないと主張する。

ソース : news.con.au – NSW police Covid-19 fines: Double the amount issued in western Sydney compared to eastern suburbs

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利2.6%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…