一般

新型コロナBA.2株拡大懸念も 3州での感染者数は減少に

【NSW12日】   国内ではステルスオミクロン株の感染拡大が懸念されている中、NSW、 VIC、 QLDの3州では12日の新たな感染者数が前日より減少していることが明らかになった。

 

ステルスオミクロン株はオミクロン株よりも感染力が強いと言われているが、保健当局ではオミクロン株と比較した感染の影響については明らかにしていない。

 

NSW州保健当局では、同州での1ヶ月後の主流株になる可能性があると考えているが、オミクロン株はそれ以前のものに比べて重症化が少ないことから、ステルスオミクロン株に関しても同様なものである可能性を期待している。

 

NSW州の12日の新感染者は1万2850人で、前日と比べて1184人減、VIC州は6075人で736人減、QLD州は4029人で298人減だった。

 

ソース: news.com.au – Covid cases drop overnight in three states despite Omicron subvariant spreading

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

2022/23年度NSW州予算案を発表

【NSW21日】   NSW州のキアン財務相は21日、2022/23年度の州予算案を発表した。州選挙を9か月後に控え、家計や保健、女性に…