一般

新型コロナ感染増もロックダウンの可能性低く

【ACT7日】   国内外で新型コロナウイルスの感染数が再び増えているなか、連邦のケリー主席医務官は、クリスマスにロックダウンが行われる可能性は少ないと考える。

セブン局の番組内で7日、ケリー主席医務官はクリスマス期間中のロックダウンについて聞かれ、「私の決断することではないが、可能性は低いと考える」と話した。

現在流行中の変異株は感染率は高いが、既存の感染やワクチンによって国民の免疫もできており、1年前と比べて重症化は低いとされる。ケリー主席医務官はまた、「ワクチンの接種資格を持つ人は受け、70歳以上や既存疾患を抱えるハイリスクの人は感染の際に直ちに抗ウイルス治療薬を投与できるよう前もってかかりつけ医(GP)と計画すべき」と促した。

現在、国内のすべての州・地域で新型コロナウイルスの感染数は週1回報告される。全国で先週、新たに4万275人が感染し、99人が死亡した。

ソース: news.com.au -‘Not my decision’: Paul Kelly on Christmas lockdown as another Covid wave looms

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

2月からDV休暇を適用

【ACT31日】   2月1日から、最大10日間の家庭内暴力(DV)休暇が雇用基準に加えられる。フルタイム、パート、カジュアル勤務…