生活

EVの充電スポットを大幅増 NSW

【NSW4日】   NSW州政府は、電気自動車(EV)の充電スポットを大幅に増やす計画だ。都市部では5キロメートルごとに、主要高速道路でも100キロメートルごとに設立する。

来年初頭に利用可能になる3度目のEV用急速充電器助成金によって、10~15分でEVを充電する充電器の建設・運営を支援する。1億4,900万ドルを拠出し、向こう18~24カ月で新たに104か所の充電スポットを建設する。各スポットには急速充電器4~15台が備え付けられる。

州政府の充電マップによると、2024年までにシドニーのほとんどのサバーブに1~5か所の充電スポットが設立され、2031年までにこの数は大幅に増加する。充電スポットはショッピングセンターなど公共の場に設けられ、日々の生活の中でEVの充電を容易にする。

シャープ州気候変動・エネルギー相は「EVを選択する州民が増えるよう、事業と連携して効率的な充電インフラのネットワークを作る」と話した。

来年1月1日以降、州政府はEV購入時の払い戻し3,000ドルを廃止する。

ソース:news.com.au – NSW to have electric vehicle chargers every 5km in metro areas, 100km on highways

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

NSW州ビーチで水難事故増加

【NSW4日】   NSW州のビーチで水難事故の犠牲者が増えている。州政府は専門家による会議を設けて事故を防ぐ。 昨年7月1日…