ビジネス

動画配信大手Netflix 「密かに」月額料を値上げ

【ACT18日】   ストリーミング大手のネットフリックス社が、オーストラリア国内の月額利用料を値下げしていたことが明らかになった。

同社の広告なし、Ultra HDで視聴できる番組が無制限なプレミアムプランは5月中旬まで月額22.99ドルだったのが、現在は25.99ドルと月3ドルの値上げになっている。スカイ・ニュース・オーストラリアの取材に対して、同社は料金値上げを認め「幅広いニーズにお応えするために、様々な価格とプランを提供しており、オーストラリアでは7.99ドルからのプランを提供している」と述べた。

広告付きスタンダードプランは月額6.99ドルだったのが7.99ドル、16.99ドルだったのが18.99ドルとなっている。料金改正は、同社のウェブサイトで告知されているが、一部のユーザーは値上げの案内を受け取っていないという。スカイ・ニュース・オーストラリアによると、国内のユーザー610万人には、通常契約更新の時期によってEメールで連絡されるとしている。

今回の値上げは、同社が世帯間でのパスワード共有の取り締まりを始めてから約1年後に行われている。世帯以外の人とサービス共有したいユーザーに対して、世帯以外の人が新しいメンバーシップに加入するか、7.99ドルの追加料金を支払うことを提案している。

 

ソース:news.com.au – Aussies told to fork out more for Netflix as streaming giant quietly hikes subscription prices

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

国際

中国首相、7年振りに豪訪問

【SA16日】   中国の李強首相は16日、SA州のワイナリーを訪問した。17日は首都キャンベラでアルバニージー連邦首相と公式会…