一般

シドニーの5名の医師、安全基準について審問を受ける

シドニー ― シドニーのキャンデン病院とキャンベルタウン病院で行われた、5人の医師による医療行為が問題となり、同5人の医師は、医師免許登録の抹消、あるいは、医師免許停止になる可能性がある。医療組合は、その5名の医師が無実であった場合、彼らが犠牲者となってしまうをことを懸念している。問題の病院の安全基準を調査している、医療苦情委員会は、同5名の医師にニューサウスウェールズ州医療裁判所に赴くように促した。
一方、ニューサウスウェールズ州の検視官は、調査した34人中、32人の患者に関するファイルは閉じられ、これ以上の調査は不要であると語った。
また、ナタリー・ラリックちゃんとオードレイ・ダレイ・ハミルトンちゃんの2つの死亡ケースは、医師が安楽死させたとして、家族が申し立てをしている。
オーストラリア医療人連合の事務局長である、ピーター・サマビル氏は、重大な過失により、その罰を受けるべき医師の数は多いと語った。
だが、医療裁判所が調査を行っている対象の医師が5名というのは、普通では考えられない数字であるだという。心配なのは、医療苦情委員会から、医師が責任を転嫁されることがあるのかということだと、同氏は語る。

ニューサウスウェールズ州医療登録機関のアンドリュー・ディックス氏によると、この5名の医師のケースは審問を行う予定になっているという。
現状は非常に複雑であり、地域社会に対し、大きな懸念や、悲しみを生じさせていることは明らかである、と同氏は語った。

 

 

 

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

放火の疑いで男を逮捕 QLD

【ブリスベン18日AAP】  QLD州ウィットサンデーのセダー・クリーク近くで18日午後3時ごろ、男が放火した疑いで逮捕されたこと…

一般

夏の水難事故を警告 

【キャンベラ16日AAP】   2018/19年度、国内で276人が溺死した。このうち半数近くが夏に発生しており、ライフセーバーらは…