国際

共犯者の存在-爆撃の引き金は携帯電話か

バリ - 101日にバリで起こったテロ攻撃で自爆テロ犯によって持ち込まれた爆弾は、3人の共犯者からの携帯電話のコールが引き金となり爆発したと予想されている。

警察によると、シナリオはこうだ。3人の自爆テロ犯が標的となった3つのレストランに向かい、その後近くにいた別の3人の共犯者が自爆テロ犯の携帯電話に電話をかける。その電話が引き金となり、爆発が起こった。

3人の共犯者は現在もバリに潜伏しているとみられている。

警察は現在、激しい爆破後の3人の自爆テロ犯の遺体の確認作業を行っている。この爆破によって、4人のオーストラリア人を含む26人の尊い命が奪われた。自爆テロ犯の頭部は爆破の勢いで飛ばされているが、顔に損傷はないという。だが、警察はテロ攻撃を洗脳された犯人の中に、マレーシア人の指名手配犯、アザハリ・ビン・ハシンとノーディン・トップが含まれていたかどうかについては、コメントを避けた。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

政治

RBA、政策金利2.6%に引き上げ

【ACT4日】   オーストラリア連邦準備銀行(RBA)は4日、定例理事会で政策金利を0.25パーセント増の2.6パーセントに引き上げ…