一般

鳥インフルエンザ、バリ爆弾事件や9月11日NYテロ並みの脅威に!

メルボルン 19日 AAP -ナショナルオーストラリア銀行の主任経済学者アラン・オスターによると、鳥インフルエンザがオーストラリアに上陸した場合、バリ爆弾事件やニューヨークの9月11日テロ事件と同程度の影響をオーストラリア経済に与える可能性がある。同氏は“鳥インフルエンザは特定の産業に特定の影響を与える。病気の危険があれば人々は観光に来なくなるので、ホテル業界、航空業界、そしてレンタカー業界に関わっている人々は、大打撃を受けるだろう。もしこの様な事態が発生した場合、経済学者達に出来ることはせいぜいオーストラリア経済に与える影響を推測する事ぐらいしかない。バリ爆弾事件またはニューヨークの9月11日テロ事件並みの影響が出るだろう。」と述べた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

インフル関連死31人に VIC

【メルボルン17日AAP】   今年になって、VIC州で31人がインフルエンザ関連で死亡した。感染者数は昨年の9倍に上っている。 …

政治

2019/20年予算案を発表 NSW

【シドニー18日AAP】   NSW州政府は18日、2019/20年度予算案を発表した。2018/19度の財政黒字は8憶200万ドル。3月の選挙前…