国際

シベリア南部で鳥フル発生

モスクワ 24日 -シベリア南部に位置するロシアのアルタイ地域にて、鳥インフルエンザの発生が新たに認められた。これは先週モスクワの南部、ウラルとツラ地域での鳥インフルエンザの発生に続くものである。

このウイルスがH5N1型のウイルスかどうかはいまだ明らかになっていない。だがこの抗体がH5N1型と判明すれば、人間への感染への危険性が高い。

ポクロブカ村の養鶏農場で大量死した59羽の鳥の体内からは鳥インフルエンザの抗体が確認された。ロシアでは7月に発見された最初のウイルスに続き、7箇所で鶏がウイルスに侵されていることが分かっている。EU(ヨーロッパ連合)はルーマニア、ロシア、タイ、トルコからの鳥の輸入をすでに禁止している。

 

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

3週間ぶりに感染者ゼロ NSW

【シドニー30日AAP】  NSW州保健当局によると、同州で30日午前8時までの24時間で、新型コロナウイルス感染の検査を受けた9,50…

一般

12歳少女、銀行に押し入る SA

【パース31日AAP】   SA州で12歳の少女を含む2人組が、ショッピングカートを使って銀行に押し入った。2人は別の事件の保釈中…