一般

受動喫煙は乳がんの発症リスクを高める

ニューヨーク2日-過度なタバコの受動喫煙について研究した結果、受動喫煙は能動喫煙と同様に特に閉経期前の女性の乳がんの発症リスクを高める要因となることが明らかとなった。この研究結果はガン・インターナショナル・ジャーナルに記載されている。

研究では、生涯タバコを吸わなかったにもかかわらず、常時タバコの煙にさらされてきた女性と、タバコの煙にはさられたことはないが、自分自身がタバコを吸っていた女性との比較が行われた。

研究結果から判明した重要な点というのは、あまり受動喫煙をしていない女性に比べ、過度に受動喫煙を行ってきた女性は、乳がんの発症率が急激に増加したことだ。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

学生全員が対面授業に NSW

【NSW25日】   25日、NSW州の学校は4カ月ぶりに全学生が対面授業に戻った。教職員にはワクチン接種が義務付けられており、州…

一般

WA不明女児の安全を祈り 

【WA25日】  WA州で1週間以上にわたって行方がわからなくなっている4歳の少女のための祈りが行われた。警察は誘拐事件とみて…