ビジネス

米アップルのメルボ出店 州首相が支持

【メルボルン24日AAP】  米アップル社が、VIC州メルボルン中心部のフェデレーション・スクエアの一角に、新たに店舗を建設する計画について、同州のアンドリュース首相がこれを支持する意向を示したことが分かった。

 

アップル社の新店舗の建設計画では、フェデレーション・スクエアにあるヤラ・ビルディングを解体するとしており、5万人以上が署名でこれに反対する意向を示している。ただ、アンドリュース首相は、新店舗の建設について、フェデレーション・スクエアの建築家から支持を得ていると説明した。

 

アンドリュース首相はまた、全ての人が計画に賛成ではないかもしれないと前置きした上で、「メルボルンには絶対に建てないで、その代わりシドニーにこの象徴的なアップルの店舗を建てて欲しいと、誰もが思っているのだろうか」と、記者らに疑問を投げかけた。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

一般

性犯罪関連刑法 改正へ TAS

【ホバート20日AAP】   TAS州で性犯罪関連の刑法が改正されることになり、性犯罪被害者が自分の名前を公表できるようになっ…