生活

健常者にロックメロン購入呼びかける 

【シドニー12日AAP】   NSW州リベリナ地方で生産されたロックメロンを食べた4人が、リステリア症を発症して死亡した。健康な大人が食べる分には問題ないとして、業界はロックメロンの購入を消費者に呼び掛けている。

国内で17人がリステリア症を発症し、VIC州およびNSW州でそれぞれ高齢者2人が死亡した。感染が確認されたネリコンの生産農家は2月23日、自主的に生産を中止した。28日には、2月9~23日に店頭陳列されたメロンが回収された。

国内のメロン協会は12日、「免疫不全疾患者や妊婦を除き、健康な大人は食べても問題ない」として、ロックメロンの購入を呼び掛けた。売り上げは大幅に落ち込み、輸出市場にも著しい影響を及ぼしているという。再発防止に向けて、業界は生産農家にも食の安全や最新知識を伝授する計画だ。

メロンは清潔なまな板で切り、皮は真ん中からではなく外側の上から下に向かって取り除くとよい。切ったメロンは冷蔵保存して、2時間以上常温に置かないこと。ほかにリステリア菌を含む可能性がある食品は、カマンベールなどのソフトチーズ、冷製チキンやハム類、生の海鮮物、スモークサーモンなど冷製海鮮物、アイスクリーム、果物、袋入り野菜。

この記事をシェアする

その他のオーストラリアニュース記事はこちら

生活

英王子、シドニーでBBQ体験

【シドニー20日AAP】   シドニーに滞在中の英国のウィリアム王子(27)は20日、王立植物園でバーベキュー・ランチを…